蜂須賀整形外科

求人案内

院長の健康情報 第3回(腰痛)

1、 腰痛には急性腰痛と3ヶ月以上継続する慢性腰痛とあります。


腰痛の原因として


 ○腰の筋肉による筋膜性腰痛症
  ・腰椎椎間関節によるもの
  ・急性腰痛をきたすもっとも多い原因疾患 の1つ。 椎間関節にブロック注射することでかなりの効果が期待できます。
 ○椎間板ヘルニアの初期症状としての腰痛
 ○骨粗しょう症
 ○骨粗しょう症による圧迫骨折
 ○腰椎分離症、分離すべり症
 ○変形性腰椎症
 ○細菌による化膿性脊椎炎
 ○疲労やストレスからくる腰痛
 ○内科的疾患からくる腰痛
 ○癌など悪性腫瘍 
 ○骨盤や股関節の疾患

いろいろな原因がありますので一度は整形外科を受診してください。レントゲン検査、必要であれば血液検査 MRI検査を行い、診断を確定します。

2、 症状


姿勢や腰を動かすことにより腰痛が増強する場合
 ○筋膜性腰痛症 腰椎椎間板障害 椎間関節障害 を考えます。

痛みが腰だけでなく下肢(太もも、ふくらはぎや足)に及ぶ場合
 ○腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症を考えます。 神経の圧迫により下肢のしびれ感や筋力低下を伴うこともあります。

安静にしていても腰痛が治まらない場合は
 ○化膿性脊椎炎や腫瘍、脊椎圧迫骨折 などが考えられます。すみやかに整形外科などの医師の診察を受けるべきです。

3、 治療


 骨粗しょう症や癌の骨転移など骨が弱くなっている場合、過度な外的圧力を加えることにより骨折を起こすことがありますのでまず整形外科などで診察を受けてください。

一般的な腰痛(筋膜性腰痛症 腰椎椎間板障害 椎間関節障害等) に対しては、消炎鎮痛剤も投与、ストレッチ(図)などの運動療法、 あるいは温熱治療が有効です。

 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症では、MRIの結果、症状の原因となる部位(神経根)明らかとなれば神経根ブロック注射を行うこともあります。
また最近では神経痛治療薬(リリカ)や慢性疼痛治療薬(トラムセット等)を内服投与し、それなりの効果が得られています。
症状が強ければ2~3週間の安静入院も効果的です。

 それらの治療で効果なく、下肢の進行性麻痺(筋力低下や感覚異常)が認められる場合、あるいは細菌による椎体炎、腫瘍などの病変が考えられる場合は、基幹病院の脊椎外科専門医を紹介することもあります。

 骨粗しょう症が基本にあり、しりもちをついたり転倒したりしたときに脊椎が圧迫骨折を起こすこともあります。
治療としては体幹ギプスあるいは長めダーメンコルセットを作成着用し局所の安静を行います。
鎮痛剤は極力使用しないで、トイレ以外はベッド上安静にします。

 最近は骨折部の骨融合促進させるいろいろな新薬が開発されていますので、患者さんの状態や希望に応じて最適な骨粗しょう症治療薬を投与します。
これらの治療を行えば大体1~2ヶ月で圧迫骨折をおこした椎体は骨癒合します。
リハビリテーションも早期から開始し骨折前の生活状態に戻ることが可能です。

 基本的には入院治療ですが、家族の協力があれば通院治療も可能です。
当院は入院施設がありますので、当院で入院治療を受けることも可能です。

腰痛体操