蜂須賀整形外科

求人案内

半導体レーザー治療器Sheep、SSP複合治療器ASTEO、新しく導入しました。

令和元年8月から半導体レーザー治療器「Sheep」を導入しました。

低出力レーザーによる生体刺激は、血流の改善、神経伝達の抑制などの作用があります。

治療中の痛みや熱さがなく、低侵襲で、高い疼痛緩和効果を発揮する治療法として注目されています。

当院にはスーパーライザーもございますので、どちらか治療の選択が可能です。

半導体レーザー治療器Sheep
効能・効果:
筋肉・関節の慢性非感染性炎症による疼痛の緩和
適応疾患:

首や肩の痛みに対する神経ブロック

神経痛(帯状疱疹後神経痛など)

腱鞘炎や腱炎などの炎症

肉離れなどの筋損傷

関節痛、腰痛など

Sheep治療風景 Sheep照射前後

また、1階にある低周波治療器も2台新しくしました。

SSP複合治療器 アステオ

急性期から慢性期までのあらゆるシチュエーションで治療を行うことが可能です。

特徴としては、ハイボルテージと最大16000Hzの中周波を同時に出力する「コンビネーション治療」ができるところです。

治療にご興味のある方は外来でご相談ください。

SSP複合機アステオ